2011年6月Smiling Club通信

屋根葺き完了です

 

 

201106291650000.jpg

屋根完了しています。

また、内部の方では、筋交い等をしっかりと金物で固定しています。

201106291655000.jpg

本日は、FPパネルを壁に施工しています。

ウレタン厚105mmがこの壁にぎっしりと埋まります。

施工は、サイズどおりに注文しているので、けっこうはめるのに、難儀してますが、こうやってすきまがないということで夏のエアコンの冷気や冬の温かい空気を外にのがさないというわけです。

201106231145003.jpg

 

雨じまいも完了し、屋根にルーフィング(緑色のシート)を施工されています。これによって、雨が中に入るのを防止します。

201106231141000.jpg

熱を逃がさないために、通しボルトなどにもウレタンを吹きつけ、熱が逃げないようにしています。

201106231144000.jpg

建て方です。

K様邸の建て方です。

201106200808000.jpg

1階部の梁があがってきました

201106201052000.jpg

大屋根があがってきました。

 

201106201705000_1.jpg

いろいろと思い出のつまったおうちの解体です。今回は、使える材料はある程度使っていくために、さらに慎重に解体します。201106181540000.jpg

建前に向けて、床パネルの敷き込みをやっています。

201106181536000.jpg

 

201106181529000.jpg

60歳以上のみなさま対象の公的資金があります。老後にあわせてご自宅をリフォームしませんか?

 

1.融資最高1,000万円まで                                            

公的融資を活用して、融資額は最高1,000万円まで

住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)の『高齢者向け返済特例制度』を活用します。

融資額も最高1,000万円までと、介護保険の給付金ではまかなえないような大規模な工事も可能です。

 

2.毎月の返済は利益のみ!                                           

毎月のご返済は利息のみ。年金収入のみでも大丈夫です。

毎月のご返済は利息のみ。年金収入のみのかたでもご返済しやすくなっています。また、耐震改修工事と併せて行う場合は、さらに金利が優遇されます。

 

3.西村工務店がサポートします                                         

わたしどもが、認定資格者となり、サポートします。

身近にいる私たちがご相談を受け手全面的にサポートいたしますので、ご安心ください。

 

4.リフォーム工事に利用できます。                                       

バリアフリー工事または耐震改修工事を含むリフォーム工事に利用できます。

例えば 浴室及び階段の手すり設置、床の段差解消など…

 

5.自分で返せる融資です。                                            

元金の返済方法はいろいろ、必要な時にお金を活かせる制度です。

元金の返済は後回しでもOK。定期預金や保険の満期を待ってからの返済や、お亡くなりになられた時に一括返済したり、あらかじめ担保提供された建物・土地の処分によりご返済いただくことも可能です。お客様の状況にあわせて返済方法を考えられるよう高齢者の皆様を国がサポートする特別な公的融資制度です。

 

6.保証人の必要なし!                                               

保証人が頼めない方でも大丈夫!

高齢者居住支援センター(財団法人高齢者住宅財団)が連帯保証人になりますので、保証人を頼むわずらわしさがありません。